正しく書けば願いが叶う?! 神社の絵馬ガイド

神社に行くと、必ず見かけると言っても過言ではない「絵馬(えま)」。願いごとを書くためのお札という認識が強い絵馬ですが、そもそもどんな由来があるのか、何を書いて奉納するべきなのか、どうやって処分すればいいのかなど、知らないことも多いのではないでしょうか?

今回は知っているようで知らない、絵馬について説明していきます。

絵馬の起源

古来より日本では、馬は神様の乗り物(神馬[しんめ・かみうま])と言い伝えられ、神事の際には馬を奉納する風習がありました。しかし、高価な馬を奉納するのは経済的に難しいため、やがて土や木で作った馬の像で代用するようになり、これが絵馬の起源となります。

江戸時代には庶民のあいだで家内安全や商売繁盛を祈願する風習が広まり、現在のように気軽に奉納できるアイテムとなりました。

絵馬の書き方

誰かが奉納した絵馬をこっそり読んだことはありませんか? 合格祈願や恋愛成就など様々な願いごとを目にするかと思いますが、絵馬の書き方にはいくつかポイントがあります。

雨で滲まないよう注意

現在では干支やその神社にまつわる図案も多くありますが、一般的に馬の絵が描かれている方が表、何も書かれていないのが裏です。本来は裏側に墨で願いごとを書くものですが、黒のマジックペンでも問題ありません。絵馬掛けは屋外に設置していることが多いため、雨で滲んでしまわないように油性ペンで書くのがいいでしょう(神社に筆やペンが置いていない可能性がありますので、持参推奨。もちろん、絵馬など指定された箇所以外は書き込まないようにしましょう)。

願い事は1つだけ

願い事はたくさん書くと効果が弱まりますので、1つだけにしましょう。ちなみに、願いごとは「~できますように」「~なりますように」ではなく、「~します」「~になります」と言い切るのがおすすめ。自身の決意や想いを再確認することにもなり、やるべきことがクリアになります。

神様に自分のお願いごとを知ってもらうため、住所や氏名も一緒に書くと良いとされますが、大切な個人情報なので、都道府県やイニシャルだけの記載でも問題ありません。

絵馬の処分方法(お焚き上げ)

絵馬の本来の意味は「奉納」であることから、持ち帰ることはあまりないでしょう。ただ、持ち帰った場合、後々困惑することになるのが処分の仕方。

絵馬は各神社のお焚き上げ(※)の際に処分されることが多いため、神社に持っていくと良いでしょう。神社によっては、「お焚き上げ」や「古神札納め所」といった場所もあります。わからない場合は神職の方に直接伺いましょう。

ちなみに、お焚きあげは主に11月前後に収穫祭にあたる「お火焚き」、年始の疫祓い「とんど焼き(歳徳神事)」の際に行われるため、1年前後で達成できる願いごとをするのがベターです。

※想いが込められたものや、魂が宿るとされているものに、これでまでの礼を尽くし、浄火によって天上へ還すこと。

絵馬は「一方的に自分の願いを叶えてください!」というものではなく、神様に日々の感謝をして馬を納めたところからきていました。願いが叶うよう努力することをお伝えして、応援していただけるように奉納しましょう。また、結果がどうであれ、胸の内を打ち明けるつもりで報告に参拝するのもおすすめです。

by
普段は小説を書いております、貝田(かいだ)と申します。 暇があれば神社やお寺に赴き、ほっこりしています。 webライターとしてはまだまだ駆け出しですが、 どうぞよろしくお願いいたします。