新規登録

* は入力必須です。

登録することをもって私はkadunokoの 会員規約プライバシーポリシーに同意します。
パスワード変更

概要

昨今、マインドフルネスとしても脚光を浴びる仏教の坐禅。京都向源でも坐禅体験をご用意いたします。
坐禅といえば禅宗が有名ですが、日本で臨済宗を開いた栄西は、実は「天台宗葉上派(建仁寺派)」の僧侶として知られる、
 
比叡山延暦寺で修行をした僧侶です。
今回は、そんな禅宗の成立の「源」となった天台宗の"止観"と、江戸時代に根付きながら中国では臨済宗とゆかりの深い黄檗禅宗の"坐禅"を体験いただけます。
 
会場は、宝泉院の境内にある通常非公開の書院「日新庵」の広間。
観光客の賑わいから逃れた静かな空間で、ぜひ修行の世界を垣間見てください。
 
▼講師
土井恵淳(天台宗/三身山太山寺龍象院住職)
1979年生まれ。母の実家がお寺で、祖父が亡くなったのを機に2002年行院で修行。その後、日本郵政公社に就職。配達員として従事する傍らで僧侶として生活。2013年、住職に任命されたことで僧侶としての自覚を持ちはじめ、翌年日本郵便を退職し叡山学院に入学。現在専修学科二年。
趣味は野球観戦と旅行。
 
飯野顕志(黄檗宗/海瀧山王龍寺副住職)
1987年生まれ、京都大学および大学院にて修学。奈良市、聖武天皇勅願寺と伝わる海瀧山王龍寺の副住職。中世につくられた磨崖仏・十一面観音菩薩を本尊とするが、現在の宗旨は黄檗禅宗。江戸時代に明国より伝わった禅宗で、当時は「臨済正宗」と呼ばれた。王龍寺は本多忠平公によって黄檗寺院として復興された。人気フリーペーパー『フリースタイルな僧侶たち』の編集部としても活動しながら、王龍寺のブログを担当する。現在、王龍寺史を研究中。
http://www.oryuji.com/

日程
  • 禅プラクティス 午前の部(天台)
  • 禅プラクティス 午後の部(黄檗)
所要時間90
場所京都府京都市左京区大原勝林院町187 宝泉院
参加資格特になし
キャンセルポリシーこちらを御覧ください
必要なもの特になし
こんな人におすすめ初めて座禅される方
宝泉院について
宝泉院
天台宗

山号は魚山、本尊を阿弥陀如来とし、実光院とともに大原寺勝林院の僧坊の一つである。天台宗の三門跡寺院の1つである三千院の参道奥にある。書院は文亀2年(1502年)の再建。廊下は慶長5年(1600年)伏見城で自刃した鳥居元忠らを供養するため板間を天井に使用した血天井とよばれる。この「血天井」は、関ヶ原の戦いの前哨戦となった伏見城の戦いの際に徳川家臣鳥居元忠以下数百名が自刃した伏見城の床板であり、その霊を供養するため天井板としているものである。客殿の手水鉢に作られた水琴窟は、サヌカイトを使用しており、二連式の珍しい構造をもつ。理智不二の名があり、密教の教理を音色で伝えるものとされる。

レビュー

レビュー投稿

¥3000
予約をご希望の場合はログインしてください。
禅プラクティス 午前の部(天台)
  • 10月08日10:00~11:30
予約をご希望の場合はログインしてください。
禅プラクティス 午後の部(黄檗)
  • 10月08日12:30~14:00
予約をご希望の場合はログインしてください。
1人がお気に入りしてます。
予約する
¥3000
予約をご希望の場合はログインしてください。
禅プラクティス 午前の部(天台)
  • 10月08日10:00~11:30
予約をご希望の場合はログインしてください。
禅プラクティス 午後の部(黄檗)
  • 10月08日12:30~14:00
予約をご希望の場合はログインしてください。
お困りですか?