新規登録

* は入力必須です。

登録することをもって私はkadunokoの 会員規約プライバシーポリシーに同意します。
パスワード変更

概要

<今回のDeathカフェ>
 秋風通る大原でのDeathカフェで、「アクティブ・ブック・ダイアローグ」という全く新しい読書手法を通して、「死」について想いを巡らしてみませんか?(テキスト/本は講師が準備いたします)
 死に関する本を読んで、まとめて、共有します。本好きな方、本が苦手な方、何を話していいかわからない方も、安心してご参加ください。本の言葉や想いを通じて一人ひとりが「死」や「生」について考え、対話する時間になればと思います。

****************************************

 私たちが主催するDeathカフェは、ワークショップや映画、本、アートなどを手がかりとしながら死について想いを巡らし、対話しながら死に触れる時間をつくっていきます。
 これまでのテーマとしては、「理想の死に方」「死ぬまでにしたいことは?」「遺影de イエィ “Death コミュニケーション”」といったものがあります。

 現代社会は「死」をタブー視していると言われます。また、「死ぬってなに?」、「いのちとはなに?」と問われても、それに応えるのは容易ではありません。しかしながら、確実に言えるのは、私たち人間は必ず、「死に逝く存在である」ということです。
 そこで、忙しい日常の中で考えることが少ない「死」について、「ゆっくり、カジュアルにしゃべる場所があってもいいじゃん、どうせ私たち死から逃げられないんだし!!」という熱い思いのもとにDeathカフェを始めました。

 Deathカフェは、「誰が正しいか」を決める議論の場ではありませんが、「人それぞれに、いろんな意見があるね」と終わらせたくありません。Deathカフェは、様々な意見の違いを踏まえつつ、一つの物事を一緒に考えていく共同作業の場、「対話の場」でありたいと思っています。

 また、リラックして話せる空間となるように、大切にしていることがあります。
1)結論を出す場ではありません。お互いの思いや考え方を大切にします。
2)身内など、大切な存在を失った方のカウンセリングが目的ではありません。
3)お茶などを楽しみながら語り合いましょう。

 皆さまのご参加、お待ちしております。

<Deathカフェについて知りたい方はこちら> 
ウェブマガジンgreenz.jp  
「ケーキを食べ、紅茶片手に“死”について語り合う!欧米で広がる「Death Cafe」ムーブメントとは? [イキル×テツガク]」

http://greenz.jp/2013/11/18/death_cafe/


<主な過去の開催>
桃源山明覺寺(浄土真宗本願寺派)
総本山誓願寺(浄土宗西山深草派)
ワークショップフェスティバル・ドアーズ 10th, 11thに出張開催……などなど

日程
  • DEATHカフェ
所要時間90
場所京都府京都市左京区大原勝林院町187 宝泉院
参加資格特になし
キャンセルポリシーこちらを御覧ください
必要なもの特になし
こんな人におすすめ
宝泉院について
宝泉院
天台宗

山号は魚山、本尊を阿弥陀如来とし、実光院とともに大原寺勝林院の僧坊の一つである。天台宗の三門跡寺院の1つである三千院の参道奥にある。書院は文亀2年(1502年)の再建。廊下は慶長5年(1600年)伏見城で自刃した鳥居元忠らを供養するため板間を天井に使用した血天井とよばれる。この「血天井」は、関ヶ原の戦いの前哨戦となった伏見城の戦いの際に徳川家臣鳥居元忠以下数百名が自刃した伏見城の床板であり、その霊を供養するため天井板としているものである。客殿の手水鉢に作られた水琴窟は、サヌカイトを使用しており、二連式の珍しい構造をもつ。理智不二の名があり、密教の教理を音色で伝えるものとされる。

レビュー

レビュー投稿

¥1500
予約をご希望の場合はログインしてください。
DEATHカフェ
  • 10月07日10:00~11:30
予約をご希望の場合はログインしてください。
0人がお気に入りしてます。
予約する
¥1500
予約をご希望の場合はログインしてください。
DEATHカフェ
  • 10月07日10:00~11:30
予約をご希望の場合はログインしてください。
お困りですか?