新規登録

* は入力必須です。

登録することをもって私はkadunokoの 会員規約プライバシーポリシーに同意します。
パスワード変更

概要

ライブを行う「和楽器集団 東(あずま)」は、2016 年 4 月、「鼓童」出身の立石雷の呼びかけにより結成。同じ関西で活動する和太鼓奏者の佐伯篤宣、稲田亮輔、奈尾知弥、
そして箏奏者の勝井粧子を中心として活動。さらに、名古屋を拠点に活動する元鼓童の神谷俊一郎、関東で活動する三味線奏者の川嶋志乃舞、そして篠笛奏者の井戸こはるを加えた和楽器集団です。

日本人の根幹にある、「音楽」を世界に発信するべく、グループ名を「日本」そのものを表す、「日出ずる国」、即ち「東」と命名しました。

声明の聖地である、大原寺の本堂「勝林院」。
静けさに包まれた山里のお堂で、その音色を楽しみましょう。

日程
  • 和太鼓Live
所要時間90
場所京都府京都市左京区大原勝林院町187 魚山大原寺勝林院
参加資格特になし
キャンセルポリシーこちらを御覧ください
必要なもの特になし
こんな人におすすめ音楽好きな方、和楽器好きな方、盛り上がりたい方
勝林院について
勝林院
天台宗


魚山大原寺勝林院本堂は長和2年(1013年)円仁より数えて9代目弟子の寂源により、法儀声明念仏三昧の根本道場として建立されました。
別名『問答寺』とも『証拠堂』とも阿弥陀堂とも呼ばれています。

寂源により建立された本堂は数多の火災、洪水により破損し、修復再建されてきました。
江戸時代初期、徳川家光の代に春日局の願によりお江の方、
崇源院の菩提のために再建されたという縁起が高欄の擬宝珠(ぎぼし)に刻まれていますが、
享保21年(1736年)正月の火災により焼失してしまいます。

現在のお堂は安永7年(1778年、徳川家治の頃)に再建され、縁起が刻まれた擬宝珠もこの時のものです。
屋根は椹板(さわらいた)で葺いた「柿葺き(こけらぶき)」、柱、梁など軸組、床板など
すべてが欅造り(けやきづくり)となっています。

レビュー

レビュー投稿

¥3000
予約をご希望の場合はログインしてください。
和太鼓Live
  • 10月07日18:30~20:00
予約をご希望の場合はログインしてください。
0人がお気に入りしてます。
予約する
¥3000
予約をご希望の場合はログインしてください。
和太鼓Live
  • 10月07日18:30~20:00
予約をご希望の場合はログインしてください。
お困りですか?