新規登録

* は入力必須です。

登録することをもって私はkadunokoの 会員規約プライバシーポリシーに同意します。
パスワード変更

概要

「鏡を見て化粧をする」という行為は古来よりずっと続けられてきたものです。お化粧をすることで、自身の長所を活かすことも短所を隠すこともでき、「なりたい顔」にすることが可能となります。
では、「なりたい顔」とはどのような顔でしょうか。今回は、河合神社の鏡絵馬に「なりたい顔」を描き、憧れる顔がどのようなものか、なぜ憧れるのかなど、化粧の歴史を紐解きながら考え、自己の美意識と向き合うための時間です。

▼講師
小出治都子
京都産業大学むすびわざ館ギャラリーにて学芸担当を経て、2017年度より大阪樟蔭女子大学 学芸学部化ファッション学科にて専任講師をつとめる。
大阪樟蔭女子大学では「化粧文化論」「化粧の歴史A」などを担当。博士(学術)。

日程
  • 化粧の歴史WS
所要時間90
場所京都府京都市左京区大原勝林院町187 宝泉院
参加資格特になし
キャンセルポリシーこちらを御覧ください
必要なもの特になし
こんな人におすすめ
宝泉院について
宝泉院
天台宗

山号は魚山、本尊を阿弥陀如来とし、実光院とともに大原寺勝林院の僧坊の一つである。天台宗の三門跡寺院の1つである三千院の参道奥にある。書院は文亀2年(1502年)の再建。廊下は慶長5年(1600年)伏見城で自刃した鳥居元忠らを供養するため板間を天井に使用した血天井とよばれる。この「血天井」は、関ヶ原の戦いの前哨戦となった伏見城の戦いの際に徳川家臣鳥居元忠以下数百名が自刃した伏見城の床板であり、その霊を供養するため天井板としているものである。客殿の手水鉢に作られた水琴窟は、サヌカイトを使用しており、二連式の珍しい構造をもつ。理智不二の名があり、密教の教理を音色で伝えるものとされる。

レビュー

レビュー投稿

¥2000
予約をご希望の場合はログインしてください。
化粧の歴史WS
  • 10月07日13:00~14:30
予約をご希望の場合はログインしてください。
0人がお気に入りしてます。
予約する
¥2000
予約をご希望の場合はログインしてください。
化粧の歴史WS
  • 10月07日13:00~14:30
予約をご希望の場合はログインしてください。
お困りですか?