新規登録

* は入力必須です。

登録することをもって私はkadunokoの 会員規約プライバシーポリシーに同意します。
パスワード変更

概要

境内全域が京都市の文化財環境保全地域に指定されており、自然豊かなお寺です。都会より少し離れ、雑音が入らない空間での坐禅体験ですので、こころも体もリフレッシュされたい方には、オススメの坐禅スポットです。

また坐禅終了後、住職のありがたい講話もございます。

日程
    所要時間60
    場所京都府京都市西京区山田開キ町9
    参加資格特になし
    キャンセルポリシーこちらを御覧ください
    必要なもの特になし
    こんな人におすすめストレスを解消されたい方
    浄住寺について
    浄住寺
    黄檗宗

    810年(大同5年、弘仁元年)に嵯峨天皇の勅願寺として創建されたといい、円仁(慈覚大師)を開山とする。当時は常住寺と号した。 1261年(弘長元年)公卿葉室定嗣が中興し、浄住寺と改められた。中興開山は奈良西大寺の叡尊。葉室家の菩提寺として栄えた。 1333年(正慶2年)4月の六波羅探題軍と千種忠顕率いる後醍醐天皇軍の戦乱により全焼した。 1467年(応仁元年)から1477年(文明9年)の応仁の乱の兵火で荒廃し、1567年(永禄10年)にも全焼した。 1687年(貞享4年)葉室頼孝の開基、黄檗宗の僧鉄牛道機を中興開山として再興され、黄檗宗の寺院となった。 1689年(元禄2年)葉室孝重による再興という説もある。 1697年(元禄10年)に現在の本堂や寿塔が再建された。 方丈は伊達綱村による寄進で、幼少時の遺館。 明治時代には一時無住となり衰微したが復興された。 2006年(平成18年)に1333年(正慶2年)2月作成の浄住寺境内絵図が、 2007年(平成19年)には1591年(天正19年)8月2日付豊臣秀吉寺領安堵状ほか4点の中世文書が発見された。 2010年(平成22年)開山鉄牛道機遺掲の石碑が境内に建立された。

    レビュー
    こころが安らぎました
    投稿者 : 名無しさん
    雑音がなく、本当に落ち着きました。 考えごとばかりの毎日なので、月に1度くらいは こういった場で何も考えない時間を作ろうと思いました。
    初坐禅!
    投稿者 : 名無しさん
    初めて坐禅しました!途中、足が痛くなり ましたが、良い時間を過ごせました! お庭がすごく綺麗でまた行きたいと思いました!
    心がすっきりしました!
    投稿者 : 名無しさん
    初めて坐禅を体験したのですが、鶯の声や子供の笑い声など普段聞き流してしまうような音も体の中に入ってきて終わった頃にはすっきりとした気持ちでした。 都会の人が溢れる生活で疲れた心を癒すにはもってこいの趣味ができました!

    レビュー投稿

    ¥1000
    予約をご希望の場合はログインしてください。

    現在開催予定はありません。ご希望の方はお手数ですがお問い合わせください。

    0人がお気に入りしてます。
    予約する
    ¥1000
    予約をご希望の場合はログインしてください。

    現在開催予定はありません。ご希望の方はお手数ですがお問い合わせください。

    お困りですか?